水環境保全

適正な浄化槽 放流水

当社の浄化槽保守点検グループ

    
浄化槽管理士(国家資格者)が、契約した事業所・家庭へ定期点検に伺います。


浄化槽の保守点検とは


浄化槽は生きた微生物が活躍し汚水を処理するとてもデリケートな装置です。
    

浄化槽の中の微生物に酸素を供給するブロワー(送風機)等は休みなく連続運転されますので、故障等が発生しないように点検が必要となります。
浄化槽が正しく機能するためには適正な維持管理が必要です。

浄化槽の
・いろいろな装置が正常に働いているか点検し、
・装置や機械の調整・修理、スカムや汚泥の状況を確認し、
・汚泥の引き抜きや清掃時期の判定、
・消毒剤の補充
といったことを行う「保守点検」の実施が必要です。

保守点検」の作業には技術上の基準が定められており、この基準を守るには専門知識や技能、経験さらに専用の器具・機材が必要なため、当社のような長野県知事の登録を受けた保守点検業者が行います。

保守点検」は家庭用の小型合併処理浄化槽は、4ヶ月に1回以上行うよう法律で定められています。  (保守点検の回数は、浄化槽の大きさや処理方式によって異なります。)

自己管理マニュアル(厚生労働省HP)