落雪・落氷 防止金網の取付

  

危険!氷塊の落下。 人・財産を傷付ける前に

コマキ工業は 屋根上に金網を取付て、落雪・落氷を予防します。

取付前 @現場調査
A落雪防止金網取付の見積り。
 設置者と協議し、金網形状を決めます。
 a)立体△型金網
 b)リング包み金網
 c)ベタ掛け金網

B工事契約
 着手金支払(≒40%)
C道路使用許可申請
 (必要な場合)
D仮設設置
 (足場 or 高所作業車)
 <第三者が作業エリアに近寄らない措置>
金網取付作業 E設置者が選定した形状の金網を準備
※太陽光発電パネルの下部は、a)立体△型で対応。
F金網上部は、屋根上の突起物に太い番線(ステンレス)で強固に結束固定
G金網下部は、軒樋の支持金物に番線で結束
H4t車進入可能場所は高所作業車を使用。
I 〃進入不可の個所はビケ足場を設置。
その他

取付後
J県証紙代
 (道路使用許可が必要な場所)
K交通誘導員、看板等
 (公道を使用の場合)

L取付完了後、工事残金支払い

屋根上から 落雪・氷塊の落下を予防します。

落雪防止金網を取り付ければ、安心

弊社の取付(一例) 説明
a)立体△型金網

立体金網(三角断面)
が強固に落雪を防止。
底部の波板は融雪水を雨樋に流す。
L900mm*W400*H100
足場は不可欠。
高所作業車 又は 高所足場。
道路使用には警察の許可が必要
b)リングを包む金網

鋼製の太いリングが空間を大きく、
落雪を予防する。
幅:600mm〜1000
5色から地色に合せ選択
鋼製の太いリングが
積雪の食い込みを大きくする
リング径:90mm、140、200
b)リングを包む金網は
屋根に違和感なくマッチ。
和瓦の趣きを損ねない。
公道での高所作業車。
警察の許可は必需
交通誘導員も必要
降雪の前に設置したい
c)ベタ掛け金網

屋根軒先に金網をベタ掛けに固定
雪が金網に食い込み落雪予防
幅:400mm、600
高所作業足場は
車の進入出来ない所で設置。 金網は屋根の突起にSUS番線で固定

金網固定作業。
高所足場があれば、より安全&早く出来る。

c)ベタ掛け金網。
L5000mm*W600の巻き

落雪防止金網の多くは、雪災火災保険適用の樋修理時に同時施工し、
当作業の、足場代自己負担額が軽減されました。
コマキ工業株式会社は、経験豊富な自社社員が安全施工します。