よくある質問 と 回答

バッテリー延命[活性化]

能力が落ちたバッテリーはどんなものでも再生できますか? 延命[活性化]できるものと、できないものがあります。
死んだ蓄電池を生き返らせる“再生”はできません。 詳しくは こちらの表をご覧下さい
再生はどの時点で行えば良いか? 充放電余力のある内に行ようにお勧めします。
充放電できなくなった(死んでしまった)バッテリーは延命[活性化]できません。
バッテリーの寿命はどれくらいですか? 頻繁に放充電を繰り返すサイクルバッテリーと据置き型の非常用バックアップバッテリーでは期間が大きく異なります。
400サイクルバッテリー(ゴルフカート積載)で≒4年程度です。
こちらの事業所で延命[活性化]作業は出来ますか? 延命[活性化]作業は、対象バッテリを取り外し、原則バッテリーを延命[活性化]工場に運び込んで行います。
その期間は交換用予備バッテリー(バックアップ)を用意しますので通常の作業に支障は起こりません。
延命[活性化]にかかる時間は? 概ね、1週間〜10日程度です。
延命[活性化]の手順は? ●概略見積り
 ↓
●該当バッテリーの劣化診断(全量検査)
(延命[活性化]可否の判断)
 ↓
●本見積り(作業手順確認)
 ↓
●契約
 ↓
●劣化バッテリー取り外し【代替バッテリー取付け】
 ↓
●劣化バッテリーの延命[活性化]作業
工場(長野県塩尻市内)にて)
 ↓
●延命[活性化]処置済バッテリーを返納・取付け【代替バッテリー撤収】
 ↓
●請求・受領
 ↓
●1年後追跡検査(保証期限)
延命[活性化]費用はどれくらいですか? バッテリー種類、劣化状態、処理個数、事業所場所までの距離等々で異なります。
調査の上、本見積いたします。
見積に費用はかかりますか? ●概略見積りは無料です。
(バッテリー格納銘板内容をお知らせ頂くだけの場合限定)
但し現状確認が必要で、遠方又バッテリー個数が少ない場合、交通宿泊費等をお願いする場合があります。
●本見積りは、対象バッテリー全量計測診断後になりますので、診断諸費用は必要です。
まずは、TELかメールで現状をご連絡願います。
劣化計測・診断に費用はかかりますか? 2人1組でバッテリー全量を計測診断しますので、相応の診断・交通等費用は必要です。
診断結果は後日書面にてお渡しいたします。
費用は概略見積り内の項目に提示いたします。
劣化計測・診断にはどのくらい時間がかかりますか? バッテリー全量計測で、実時間は2〜3時間程度です。
※因みに、総合病院(200床)UPS・108セルの計測には3時間かかりました。
取次店になる資格、費用は必要ですか? 信用ある 法人・個人ならば、当社との面談を経て決定します。
費用は不要です。
まずはお問い合わせ下さい。

のび太くん(省エネ冷房)

質 問 回 答
暖房と冷房の効果の程度は? のび太くん(凝縮促進装置搭載)を追設すると、冷却効果は従来比・約1.6倍上昇します。
使用電力量は15%〜25%減少します(設定温度が同じ場合)。
基本電気料も下げる事になります。
機器の寿命が延びる理由は? @熱交換の能力がUPするため、コンプレッサーの稼働時間が減ります。
A冷媒ガスの凝縮(完全液化)が進み、ガス体積が減少します。
ガス体積が減少するとガス圧が下がり、コンプレッサーの付加が少なくなり、更に寿命が延びるわけです。
CO2削減数値は? 10馬力1台に「凝縮促進装置搭載」の“のび太くん”を追設するだけで、1世帯(4〜5人家族)が約1年間 まったく電気を使わない状態で削減できるCO2の量となります。
1kw削減 = 0.000555t / CO2 で計算されます。
コンデンサーを追設するだけでは? 放熱面積が増えることにより、古くなった室外機のCOPは向上します。
しかし、冷媒ガスの液化が進ん でいない状態で追設したコンデンサーを通してもそれ以上の凝縮効果は期待できません。
室外機2台の効果を得るためには「凝縮促進装置」がかかせません。
「凝縮促進装置」搭載の”コンデンサーのび太くん”を追設し、放熱と凝縮を高めます。
取付後のエアコンのメンテナンスは? 設置後も今までと同様のメンテナンスでまったく問題ありません。
経済効果は? CO2削減 + 冬は暖か、夏は冷え冷え + 寿命のびのび効果 +電気代約30%削減