AGV “コスト削減” を提案します。

AGVのバッテリー費用は、維持管理費削減の大きな障壁になっていませんか?



アルカリ バッテリー 活性化・延命 (ニッケルカドミウム、ニッケル水素)

AGV用のアルカリバッテリーは 高性能、 だから 高額
交換費用の高価さ故に、AGVの廃止を検討中の事業所もあります。

当社が コスト削減 のため提案するのは

『アルカリ バッテリー 活性化・延命 』 です。




バッテリーは、確実に劣化していきます。
平均・4年前後で(セルの)劣化が発生します。

そこで、 活性化処理 する事で、延命 が実現します。

独自の技術処理による効果

1、容量回復 ⇒ 長期間使用可能
2、充放電能力アップ ⇒ 充電回数の増加
3、電圧の安定化 ⇒ 電圧不足による動作停止を解決
4、コスト削減 ⇒ 新品入替え比で、≒50% お得。

アルカリ バッテリ-劣化とは

AGVに搭載のアルカリバッテリーは 概ね
  ・ニッケルカドミウム
  ・ニッケル水素
の2種類です。

どちらも、正極にニッケル極板を使用し、劣化の主因はこの正極から発生します。
主な認識としては、

1、一日当りの充電回数が多くなった。(稼動時間が短くなった)
2、稼動途中で動作が停止してしまう
3、メンテナンス充放電での、放電時間が短くなった
4、セル電圧検査でゼロVのセルが見つかった 等々

この結果として

早くて2年、長くて6年程度、平均して4年前後で新品と取替え交換を余儀なくされています。

その対策として 活性化・延命 が考えられます。


当社のアルカリ バッテリ-活性化処理とは


バッテリー劣化 進行度合いの見極め

独自の検査基準で
・長く使用できないセルの排除 と
・回復可能なセルの延命化 を実施しています。
     ↓    
可逆的な観点から独自処理(活性化)を実施
※パルス方式とは異なる活性化手法です。
     ↓    
バッテリー能力の回復チェック (次のポイントを合格基準としています。)

《活性化完了・合格基準》
・電圧の維持能力(設備の稼動電圧を維持可能か)
・定格容量比(蓄電能力の確保)
・内部抵抗の正常化(効率充放電への耐久性向上)
     ↓    
バッテリー 延命

詳しい説明

専門の説明員が訪問の上、御説明致します
お気軽にお問い合わせ下さい。問い合わせフォームは   ⇒こちら